私が婚活サイトを利用した時に感じたことと失敗談

アピールの第一歩は写真

ネットを利用した恋活は、一旦波に乗ってさえしまえばテンポが速く多くの人と知り合う事ができます。

そのために大切だと思ったのはアピールの方法。

あるいは、自分と相性が合いそうな方を見つけ出す事だと思います。

アピールの際に大切なのは、まずは写真です。この一歩で大きな差が付きます。

自分が思われたいイメージに一番近い写真を選ぶことがポイントです。

自分が可愛く見える写真と言うのは、メッセージのキッカケとしては確かに多いです。

しかし、カワイイ、キレイ、カッコいいと言う印象だけでは長くは続かないのです。

逆に言うと、この人は好みの外見だなと思ったとしましょう。その時点であなたは相手に一歩負けているのです。

写真程好みでないなぁ・・・ならまだ良いです。

自分大好きな自己中心的な人もいます。

写真だけで相手を接待し、心地よい会話になるよう努力した結果、とても苦労することもあるのです。

ハゲに騙された!

-shared-img-thumb-PAK74_ookawajidori1209_TP_V

私が写真で選んだ一番の失敗は、上からアングルでとったかなり昔の写真をUpしている方でした。

身長150㎝代で、禿げ、自営業と言う名のフリーター。

割と近所だったこともあり、会おう会おうとシツコク食事だけならとあったなら、身体の関係を求めてきたため、NOを伝えるとどうせ自分は見た目、学歴、収入が悪いからとコチラを責めてきます。

翌日からはまた会おうアピールの嵐で、部屋の掃除・食事の準備等を要求してきました。

この結果、私が学んだのは写真を見る場合は、当然容姿の有り無しはあるものの自分を良く見せるためだけの写真か?

または、旅行先である、ペットと一緒である等の会話のネタになるものであるか?

この気遣いを出来るかどうかが、真剣な出会いの場合には大切なのだと思ったのです。

話のネタになるような写真をアップしている人は良かった印象

写真は確かに好みの有無には大切ですが、自分を良く見せるための写真ではなく、会話のネタになる写真をUPしている人がより好意的に会話が出来る相手でした。

ネット婚活で一番のポイントにするだろう写真は、一番のアピールでありながら、人を見る際に一番要注意すべき所だと思いました。

褒めて欲しい、惚れて欲しいと自己中心的な写真の人は避け、そして自分もそのようにならないように気を付ける事が、より良い恋活に繋がると思ったのです。